旅人の歩む道

約2年世界を旅した元看護師の私が日本社会へ復帰していく過程と旅での出来事を綴ってます♪

宿の探し方

こんにちは、なぎちゃんです。

 

現在絶賛無職、スローライフを送ってます。

 

少しは経済活動に参加しようと、

または日本国民として労働の義務を果たそうと思い、

本日派遣会社に登録してきました😂しばらくは単発の仕事でお小遣い稼ぎします。たぶん…

 

 

 

今日は、宿の探し方についてお話ししようと思います。

 

今までいったいどれだけの宿に泊まってきたのでしょうか…

 

f:id:nyarugotravel:20170222180222j:plain

ドミトリー、個室、三人部屋、キャンプ…スタイルは様々。

 

 

値段も一泊300〜4000円程とだいぶ差があります。

 

旅の中でも宿探しは重要‼︎移動する度に宿を確保する必要があります。最初はどうやって調べてどう選べばいい分からず苦労しました😭

 

中には野宿するという強者もいますが、基本的に空港泊以外は宿に泊まります。

 

それでは私がやってきた宿の探し方について。 

 

 

 

1.便利な便利なネット検索

だいたい、検索キーワードは、「地名•安宿•世界一周•おすすめ」これらを適当に組み合わせて検索します。たいてい旅人ブログさんにヒットするので、そこから情報収集♬

 

重要なのは、1つに絞らないこと!

満室だったり、閉店または移転していることもあります。なにかあったときのために2つほどピックアップしときます。

 

そしてなるべく新しい情報を優先します。それは先程説明した通り閉店移転の可能性、そして料金が値上がりしている可能性もあるからです。

 

旅してきてみたところ、だいたいどこも値上がりしてましたが💦

 

複数回検索にかけて、行き方や住所を把握して、当日直接訪問することが多いです。予約はあまりしたくないタイプです。

 

理由は

自由でいたいから (^^;

 

いつ移動してどこに行くか、基本的にその日の気分で考えたいので、事前に予約するとその融通がきかなくなるからです。

 

あとは、バスがめちゃくちゃ遅延して予約した日に着かない、なーんてこともたまにあります。

 

実際に宿を見て微妙だなーと思ったら変えることもできますしね。

 

 

2.hostel worldやbooking.comで予約

 

予約嫌いといいながら、さっそく予約の話です。笑

 

もちろんできれば予約はしたくない、けどしなきゃ自分が困る場合があるのです。

 

まず、

夏のヨーロッパは予約必須‼︎

ヨーロッパ中の若者が、あちこちに旅行します。バックパッカー文化が浸透しているのも要因の1つ。安い若者向けの宿はあっという間に満室に。

 

特に週末は早めに予約した方がいいです。残っていても安いところがない…ただでさえ物価の高いヨーロッパなのに…(;_;)と悲しいことになります。

 

 

 

年末年始や祝日、お祭りに注意‼︎

そういった特別な日はもちろん観光客が増え、価格も高騰します。

 

今年の年越しはペルーのイカという砂漠にいました。そこは安宿がたくさんあるからなんとかなるだろうと大晦日に到着すると、どこもフル!値段もびっくりするほど高い。

ふだんの2、3倍はしてました。

 

あの時はやっとの思いで空きを見つけてもかなりの予算オーバーの連続で、昼間は砂漠なのでもちろん焦げそうなほどの陽射しでめまいが…

大晦日に何やってんだ…て悲しくなりました(^^;

 

 

3.現地で直接探す

 

これは、もうその一帯に安宿がたくさんあるって分かってる時なんかはそうします。直接見て、値段交渉して、だめならその周りの宿を訪れて、自分が納得する所に決めればいいのです。

 

また

突然その町に泊まることになったときもこれです。

そんなことある?って思うかもしれませんが、意外とあります。

 

バスの遅延、乗り換えの失敗、直前の町でWi-Fiがなくて調べきれなかった…などです。

 

近くに安宿がないか歩いて探します。けど土地勘がないし、近くにないことも。

 

そんな時は人の良さそうなドライバーや、インフォメーションセンター、お店のスタッフなどに聞いて情報を集めます。

 

移動の後は疲れもたまっているし、大きなカバンを持ったままウロウロするのは非常に危険で非効率的なので、避けたい方法です。

 

それでは次は、宿を選ぶポイント!

 

その①値段!!

他の宿も調べて比較して、その地域の宿の相場を把握しておきます。物価が安い地域はほんの数十円数百円出せばうんとクオリティーが上がることもあります。基本的に最安値を狙いますが、安かろう悪かろうということもあるので、次にあげるポイントも踏まえて総合的に判断していきます。

 

その②安全面!!

宿が危険な地域にあるならばそこを避けます。治安が悪いところは宿も安かったりしますが、自分の安全の方が大切です。どうしてもそこに泊まらなければいけないときは、到着時間、移動方法など事前に検討していきました。

 

宿によっては、泥棒宿で有名なんてところもあります。。。

盗んでいるのは誰でしょうね、スタッフだったり外部の人だったり宿泊者だったり…。はあああー、宿だからって中々気は抜けません。

 

 

その③アクセスの良さ

バスターミナルからどれくらいの時間で行けるのか、そこから観光をしやすいのか、総合して判断します。重いバックパックを背負って歩くのは嫌いなので、安い交通手段(たいていタクシー以外のこと)で行けないところ、または徒歩15分(1キロ)以上かかるところは却下してました。

 

その他

寒い地域ではホットシャワーがでるかどうか、調べ物をしたいときはwifiがあるかどうか、物価が高いところはキッチンがあるかどうか、ということおも気にしていきます。

 

 

 

 

カウチサーフィン、airbnbなどのサービスを利用して、現地の人と交流しながら旅をしている人もたくさんいました。私は語学力に自信がなく利用しませんでしたが、一回くらい利用してみればよかったなと思います。

住む場所が決まったら、カウチでゲストを受け入れようかな(^^♪

 

宿の探し方は以上です。

宿探しは日常の作業の一部でした。失敗することもあれば、良い宿を見つけた!って時もあります。数日たてば次の宿、それをずっと点々と繋げていく。この二年いつも私の家は違うものでした。

実家に帰ってきてはや3週間。そろそろ次の場所に移動したくなってきましたよ。笑

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!!